運営者表記

当サイトの運営者を表記しております。
トップページ > 美容成分用語集
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字

アシタバエキス
ビタミンA・B・Kやフラボノイド、有機酸、ミネラルを含む天然の植物成分で保湿効果がある。

アボカド油
熱帯地方で栽培される常緑樹であるワニナシの果実から得られるオイルです。アボカドの果肉には油脂分が多く含まれ、他にビタミン類も豊富で、皮膚へのなじみをよくしお肌にうるおいを与えます。

アミノカプロン酸
中性アミノ酸の一種で、皮膚刺激を抑える働きがを持っています。化粧品以外でも、出血および歯周炎の予防を目的としてハミガキや口腔製品に配合されている成分です。

アラニン
私たちの体のタンパク質を構成しているアミノ酸の内、非必須アミノ酸に分類されるものの一つ。

アラントイン
肌荒れを防止する成分である。

アルギニン
『アルギニン』は、若々しさ、健康、美容、子供の成長を強力にサポートします。

アルニカエキス
キク科のアルニカの花や根から抽出されるエキスです。抗炎症や血行促進などの作用を持っています。洗顔料からクリーム、パック、 ヘアケア製品など、広く用いられる成分です。

アロエベラエキス
ゆり科の植物のキダチアロエやアロエベラの葉、または葉汁を乾燥させたものから抽出されるエキスで、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ効果、お肌の水分を保つほか、肌荒れを防止する働きもあります。

イオウ
抗菌作用。昔から皮膚トラブルに使われています。

イオウ
抗菌作用。昔から皮膚トラブルに使われています。

異性化糖
主に、ブドウ糖及び果糖からなる。通常の保湿剤と比べて低温度でも保湿効果があり持続性がある。洗い流した後も保湿効果が持続する。

イソステアリルアルコール
植物由来の成分からつくられ、なめらかさを調整するための成分です。

イソステアリン酸ソルビタン
乳化作用がある成分で、水と油を均一に整えます。

イランイラン油
エッセンシャルオイル。皮脂分泌のバランスを整え、透明感のあるお肌にします。

エタノール
殺菌作用、清涼作用、収れん作用、などの目的でヘアトニック、ドラント製品に配合されている。肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用があるので化粧水を中心に幅広く使われる。みずみずしさやさっぱり感を必要とする製品には重要な成分。

エチドロン酸
キレート剤(金属イオン封鎖財)として、石けん、シャンプー、頭髪用化粧品に用いられます。

エチルセルロース
ゲル化するための成分です。

エチルパラベン
静菌作用が強く、非常に広範囲の微生物に有効な抗菌成分です。比較的皮膚刺激が少ないことから、化粧品の防腐剤として使われています。化粧品には1%までの使用が認められています。

塩化K
緩衝剤として働いています。

オウゴンエキス
シソ科植物コガネバナの根から抽出した成分です。肌荒れを防ぎ、水分保持力の高い肌に整えます。

黄酸化鉄
主としてオキシ水酸化鉄および水酸化第二鉄

オウバクエキス
ミカン科植物キハダの木の皮から抽出した成分です。肌を清潔に保ち、お肌の荒れも防止します。引き締め効果もあります。

オウレンエキス
生薬のオウレン(黄蓮)の根から得られるエキスです。消炎作用があり、肌荒れを防ぎます。

オキシベンゾン
乳化を安定させる作用があります。

オタネニンジンエキス
肌あれ、小じわ、ニキビ、脱毛、フケ防止などに効果があり、代謝促進作用血行促進作用があります。

オランダカラシエキス
血流促進、抗脂漏、洗浄作用があります。

オリザノ−ル
紫外線吸収作用を生かした、クリームやサンスクリーン剤として、また、ビタミンEにも似た作用を持っているため、皮膚の老化防止、皮膚の血液循環促進の治療剤として用いられている。

オレイルグリセリル
パームやし由来の保湿成分です。

オレイン酸ポリグリセリル
ベース成分で、乳化を安定させます。

オレンジ油
シミ・シワ・皮膚炎などのトラブルを改善します。フランスの医療 機関で使われる最高品質の精油です。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字

海塩
海洋深層水のミネラルから得られた成分です。お肌のキメをすっきりと整えます。

カオリン
さらっとここちよく肌を整え、化粧くずれを防ぐ成分です。

カッコンエキス
クズの根から抽出して得られる成分です。日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、透明感のあるお肌に導きます。また、お肌にうるおいを与えます。

加水分解コメタンパク
紫外線によって誘発されるコラゲナーゼによるコラーゲンの破壊作用を阻害し、コラーゲンの恒常性を維持・修復する働きが期待できる抗シワ成分です。

加水分解シルク
絹繊維から得られるエキスで、お肌にうるおいを与えてくれます。また紫外線からお肌を守り、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、透明感のあるお肌にします。

カゼインNa
母乳や牛乳中に含まれるたんぱく質成分です。

カプリル酸グリセリル
乳化成分です。水性、油性成分を均一に整えます。

カミツレ花エキス
アレルギーや炎症を抑える。フケやかゆみを防ぎ、殺菌・制菌効果があり、消炎、養毛、収斂、殺菌、血行促進、かゆみ止めなどの効果がある。敏感肌や荒れ性の人にはよい天然植物成分である。

カルボマー
ベース成分です。乳化・分散の安定化剤です。微生物汚染に強い成分です。

含硫ケイ酸Al
天然のクレイ成分で、イオウを含んだ含水ケイ酸アルミニウムを指します。洗顔料やパックなどで余分な皮脂を吸収するために使用しています。

カワラヨモギエキス
カワラヨモギの頭花から抽出されるエキスです。煎じた液はかゆい部分に塗ったり、浴剤として使用されています。肌荒れを防ぎ、お肌を引き締めキメを整える作用をもっています。

キュウリエキス
キュウリを圧縮して得る天然成分で、ビタミンC、フラボノイドなどを含み、高い保湿効果を持ち肌をひきしめます。

キサンタンガム
乳化の安定性を高めます。保湿性が高いので、よく保湿クリームや美容液に使われています。

キダチアロエエキス
素肌の透明感を高める作用があり、皮膚を柔らかくします。

クインスシードエキス
バラ科植物マルメロの種子から抽出した成分です。お肌を柔らかくしっとり整えます。

クエン酸
お肌を引き締め、お肌のキメを整えます。

クエン酸Na
化粧品のpHをコントロ-ル、または、化粧品中に含まれる金属イオンによって生じる沈殿や酸化を防止する目的で配合されます。

クマザサエキス
クマザサの葉から得られるエキスで抗炎症、細胞賦活、抗菌作用があり、肌荒れ防止の働きがあります。

グリシン
お肌にうるおいを与えます。

グリセリン
吸水性が高いので、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで、幅広く配合されています。お肌へのなじみがよい成分です。

グリチルリチン酸2K
抗炎症、抗アレルギー作用から慢性、急性の皮膚炎に対し著しい効果があり、ニキビや肌荒れのケアなどに続使用しても副作用がほとんど無いといわれ、医薬品をはじめ化粧品、日用品など幅広く使用されています。

グルカンオリゴサッカリド
皮膚常在菌のバランスを調整し、肌を清潔に保つ効果がある。

クロレラエキス
クロレラの抽出エキスで、成分的にはアミノ酸を多く含んでいます。日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ効果、保湿効果、お肌にハリを与える効果が高いので、乾燥や加齢などからお肌を守る化粧品に使われています。

コカミドDEA
天然のヤシ油から作られる界面活性剤で、増粘、洗浄性、乳化安定性、分散性などを高める目的で広く使用されています。

ココアンホ酢酸Na
天然成分を原料とした、ベタイン系の洗浄剤。界面活性剤である。とてもマイルドで、コンディショニング効果もある洗浄剤です。。洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がり、乳化剤として化粧水や乳液、クリームにも使われる。

ココイルグルタミン酸Na
コラーゲンの主成分であるグルタミン酸と天然油脂からなる成分で、シャンプー、洗顔料などに使用されます。

ココイルグルタミン酸TEA
ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤であるいわゆる界面活性剤で、とてもマイルドに汚れを落とし、洗浄力は控えめです。髪への吸着性があり、洗い上がりはしっとりしあがる。肌と同じ弱酸性で、安全性も高い洗浄剤。

ゴボウエキス
抗炎症、血流促進、収斂作用があります。

コメヌカエキス
米ぬかから得られるエキスです。お肌に透明感を与え、また日焼けによるしみ・そばかすを防ぎます。お肌にハリを与えます。お肌のきめを整える効果もあります。

ゴレンシ葉エキス
肌のハリや代謝正常化、シミしわ発生を抑制するエキスとして、スキンケアを中心に配合されている。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
サボンソウエキス
抗脂漏、鎮痒作用があります。

酸化チタン
非常に屈折力が高く、カバー力に優れているのでファンデーションにかかせない原料です。 また紫外線遮断効果にも優れています。

シアノコバラミン
ビタミンB12。

ジグリセリン
お肌をしっとりと、やわらかくします。

シソエキス
シソの葉から得られるエキスです。収れん、消炎、保湿、抗アレルギー作用などがあります。

シナノキエキス
シナノキ科の植物「シナノキ(別名:セイヨウボダイジュ)」の花または葉の抽出エキスです。保湿、発汗作用、鎮静作用、抗酸化作用が認められています

ジフェニルジメチコン
オイルで、皮膚になじませると、滑らかな感触を持ちます。

ジメチコン
お肌をしっとりさせます。

水酸化カリウム
アルカリの一種。アルカリ剤として、pH調整やカリウム石けんの製造に用いられる。

スギナエキス
収れん・保湿作用がある。スギナエキスのサポニンが、若々しいお肌や頭髪、爪などをつくるといわれます。

水酸化K
PH調整のために配合しています。

水酸化Na
ベース成分で、PHを調整します。

水添パーム油
エモリエント剤です。肌をなめらかにします。

水添レシチン
抗炎症、皮膚柔軟化作用があります。

スーパーオキシドジスムターゼ
ヒトの身体の各細胞にひとつづずつ存在する抗酸化酵素で、活性酸素の発生を抑制します。

スクワラン
オリーブオイルの中に1%未満しか含まれていない非常に希少なエッセンスです。べとつかずさらっとしています。皮膚細胞の発育を促進させ皮膚の水分を守り、古くなった角質を取って、しっとりとしたみずみずしい健康な素肌をつくります。

スクロース
スクロースとは、サトウダイコン(甜菜)やサトウキビ(甘蔗)を原料として製造される甘味料で、化粧品には、うつおいのある肌にする保湿のために用いられ、純粋な物は白色結晶で、透明石けんやパックにはうるおい成分として入れられる。

炭(薬用炭)
木材を乾留して得られる炭です。 無数に穴のあいた構造で、その穴の中に 汚れや皮脂を吸着する作用があります。

ステアリン酸
水性、油性成分を均一に整えます。滑らかな使用感にします

ステアリン酸グリセリル
水性、油性成分を均一に整えます。

セイヨウオトギリソウエキス
西洋では古くから止血やうがいなどに使用されており、消炎作用や脂肪合成抑制作用などがあります。

セイヨウキズタエキス
抗炎症、皮膚柔軟化作用があります。

セージエキス
抗炎症、(抗アレルギー)、抗酸化、収斂、抗菌作用があります。

ゼオライト
抗菌作用があります。低刺激でお肌にもやさしいのが特徴です。

セタノール
乳化安定作用を有し、また皮膚を保護し滑らかにして、温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する

ゼラニウム油
エッセンシャルオイル。お肌を柔らかくします。また、お肌の血行をよくします。お肌を引き締める効果もあります。

セリン
体内では、さらにシステインに変換され、皮膚や毛髪・爪に必要なアミノ酸として知られているので、美肌や健康な髪の原料になります。化粧品に使うセリンは、保湿成分であり、絹表面のゼラチン状タンパク質より抽出されたエキスから得られる結晶物質です。

セルロースガム
セルロース(繊維素)を化学的処理で水に溶けやすくしたもの。増粘安定剤として、化粧品や食品に使用されます。

ソウハクヒエキス
クワの根の皮から抽出されたエキスです。日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、透明感のあるお肌に導く他、肌荒れを防ぎ、お肌にうるおいを与えます。

ソルビトール
一般にはブドウ糖から合成され、砂糖の約60%の甘さをもつ。グリセリンと同等の吸湿性があるため、肌の角質細胞に潤いをもたらす湿剤・柔軟剤に使われる。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
ダイズエキス
女性ホルモン様作用があるとされ、化粧品に使うと無駄毛を防ぎ、美白やニキビ対策の効果があると人気の成分である。加齢によって減少する女性ホルモンの作用をおぎなう意味でのエイジングケア成分として配合されるようになりました。

ダイズタンパク
保湿効果に優れ、しなやかな肌に整え、乾燥から肌を守る目的の化粧品に配合され、また感触改良に使用されます。

大豆発酵エキス
大豆の種から得られるエキスです。お肌に透明感を与え、うるおい・ハリを与えます。

タナクラクレイ
海底の泥成分で、汚れを吸着すると同時に、多種のミネラルがお肌に栄養を与えます。

チャエキス
ツバキ科のお茶の葉から抽出したエキスです。グリーンティーポリフェノールが日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、お肌を引き締め、肌荒れを防止します。

チョウジエキス
抗炎症、抗酸化、コラゲナーゼ活性阻害、菌を抑える作用があります。

月見草油
月見草の種子から得られるオイルです。お肌へのなじみがよく柔軟効果に優れています。また、お肌をすこやかに保ちます。

デシルグルコシド
低刺激で、保湿効果の高い洗浄成分です。

ティーツリー油
エッセンシャルオイル。抗菌作用があり、肌荒れを防ぎます。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
油溶性ビタミンC誘導体です。ビタミンCより安定しており、吸収率が高いのが特徴で、シミ・そばかす・くすみを防ぎ、お肌にハリ・つやを与え、お肌のキメを整え、活性酸素を消去し、にきび・吹き出物の改善やにきび跡を薄くします。

トウキエキス
セリ科の多年生草本であるトウキの根から得られるエキスです。抗消炎作用、鎮痛作用を有しています。

トコフェノール
ホルモンの分泌やバランスをコントロールする働きや、血流を改善する作用があるので更年期障害の諸症状の緩和や肌荒れ、冷え症にも効果的です。

トコフェノール
ホルモンの分泌やバランスをコントロールする働きや、血流を改善する作用があるので更年期障害の諸症状の緩和や肌荒れ、冷え症にも効果的です。

トウキンセンカ花エキス
消炎、抗菌作用のほか、新陳代謝を高める作用があるといわれています。敏感な肌に適し、ニキビや皮脂過多を抑える効果も期待できます。保湿剤としてスキンケア化粧品やヘアケア化粧品などに使用されています。

ドクダミエキス
ドクダミの葉および茎から抽出して得られるエキスです。抗菌効果や育毛抑制効果があります。

トコフェロール
ビタミンE。油分の酸化を防ぎます。

トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル
ベース成分です。エモリエント性があります。

トロフェロール
大豆、ナタネ、小麦胚芽などの植物油から抽出して得られます。安全性、安定性に優れています。油溶性で経皮吸収がよく、血行をよくする作用があります。

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
界面活性成分の一種で、油分と混合して油性のゲルを作、手で摩擦力を加えるとオイル状になるので、マッサージオイルなどに使われています。

トリオクタノイン
ヤシ油由来の洗浄剤です。

トレオニン
食品から摂取する必要がある必須アミノ酸の一つで、必須アミノ酸の中では最後に発見された成分である。イオン導入のジェルの中にトレオニンを配合し、コラーゲン生成を促進させる方法もある。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
乳酸
穏やかな角質溶解作用や殺菌作用があります。

乳酸Na
NMF(天然保湿因子)中に存在する重要な保湿成分で、高い吸湿力作用があります。

乳糖
母乳や牛乳中に含まれる糖類成分です。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
ハッカ油
ペパーミントの葉から抽出された精油です。抗炎症、かゆみ止め、冷却作用、清涼作用、お肌の軟化作用があります。

ハチミツ
お肌をしっとりと保ちます。また、お肌を引き締め、肌荒れを防ぐ作用もあります。

パチョリ油
エッセンシャルオイル。お肌にはり・つやを与え、肌荒れを防止します。吹き出物にもいいとされています。

バチルアルコール
保湿、抗炎症作用があります。

ハマメリスエキス
毛穴に残った皮脂栓や老廃物、古い角質を自然に溶かし、毛穴を引き締め、さっぱりした感触を得られます。創傷治癒作用があるため、ニキビ肌用の化粧水用に、また、赤ら顔改善、ほてり止めとしてエステサロンでも使用されている。

パルマローザ油
肌の水分バランスを回復します。細胞の生まれ変わりを助け、皮膚の再成長を促します。シワの予防にも効果があります。

パルミチン酸
中和して脂肪酸石鹸として、皮膚や毛髪を洗浄し清潔にするために使用する。洗浄、湿潤、乳化などの作用がある。

パルミトイルペンタペプチド
真皮まで浸透し、線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやエラスチンの合成を促します。ハリのある肌に導きます。

ヒアルロン酸Na
保水性や浸透性に優れ、皮膚にはりを与え、なめらかにする効果をもつ成分で、保湿剤としてクリーム・乳液・美容液からメイクアップ製品まで幅広く使用されます。

ヒノキチオール
抗菌作用、消炎作用があります。肌あれ・あれ性の有効成分として使用します。

ヒバマタエキス
保湿や皮膚再生、角質柔軟化作用をもっています。スキンケア、頭髪用化粧品、クリームなどに使用されています。

ヒマシ油
トウゴマの種子から得られたオイルです。お肌をしっとりさせ、柔らかくします。

ピリドキシンHCI
生体内のタンパク質や脂肪の代謝に重要な役割を果たし、不足するとさまざまな皮膚病の原因となることから、皮脂の分泌を抑え、にきびや肌あれの防止、皮膚炎、湿疹の予防など様々な目的の化粧品に配合されている。

ビワ葉エキス
抗酸化(過酸化物生成抑制)、消炎、抗菌作用があります。昔から皮膚トラブルに使われています。

フェノキシエタノール
抗菌作用があり、防腐剤として品質の劣化を防ぐために使用されます。メイクアップ化粧品(ファンデーションなど)、基礎化粧品、せっけん、シャンプー、リンスなどに幅広く使用されています。

ブチルパラベン
以前の指定成分防腐剤として使用されています。

フルクトース・グルコース
お肌にうるおいを与えます。

プロピルパラベン
静菌作用が強く、非常に広範囲の微生物に対して有効な防腐成分です。安全性が高く、皮膚への刺激が少ないことから化粧品に広く使用されています。

プロリン
コラーゲンの主要要素で、健康な肌を保つために重要な成分です。ビタミンCと一緒に働いて、より効果を発揮し、年齢とともに生じる肌の張りの消失、シミや肌荒れを防ぐといわれています。

ベタイン
お肌をしっとりさせ、柔らかくします。皮膚を再生する効果もあり、グリシンと構造が似ており、陽イオンと陰イオンの両方をもちあわせた天然の両性界面活性剤で安全性は高く、吸湿性と保水性もあります。

ベヘニルアルコール
水性、油性成分を均一に整えます。

ベントナイト
天然の粘土鉱物で、ベース用の成分です。

ペンチレングリコール
保湿効果や抗菌作用があります。溶剤として配合されます。グリセリンよりさっぱりとした感触で、感触改良剤としても配合されます。

ボタンエキス
ボタンの根の皮から抽出されるエキス。消炎効果、血行促進効果があり、肌荒れや加齢を防ぎます。

ホホバ油
ホホバの実から抽出されるオイルです。さらっとした感触なのに、お肌の水分を保ち、肌荒れを防止します。 酸化しにくく、安定性が高いのも特徴です。

ホホバ種子油
酸化安定性に優れ、刺激のない天然の液体ワックスです。皮膚になじみやすくさっぱりした感触を持つことから、クリームや乳液、口紅などに使用されます。また、ニキビやフケを防止する効果を持っています。

ホップエキス
最近、髪の毛を黒くするメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の運動能力や増殖活性を高める効果や、メラノサイトが正常に働くように制御する遺伝子を増やす効果のあることが明らかになり、また、動脈硬化を予防する作用のあることもわかり、シャンプーに入れ、コシのない髪にハリとボリュームを与えるという製品もある。

ポリアクリル酸Na
水に溶けて粘性の高い液となる成分で、油脂分を乳化する作用も強いことから、増粘剤・分散剤・乳化安定化剤として、化粧品全般に広く用いられる成分です。

ポリソルベート
水性、油性成分を均一に整えます。

ポリソルベート60
乳化作用がある成分で、水と油を均一に整えます。

ポリソルベート80
安全性が高く、昔から乳化剤として使用されてきました。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
マカデミアナッツ油
マカデミアの実から抽出しれたオイルです。お肌を柔らかくし、しなやかなに整えます。

マチルスオドラチシマ樹皮エキス
コラゲナーザ阻害作用(皮膚コラーゲンの過剰な分解を抑え、肌のハリを保つ)、保湿作用、バリア機能改善作用があります。

マツエキス
多糖類、アミノ酸類などが含まれており、保湿効果があるので、乾燥から肌を守り柔軟にする目的で使用されます。

マヨナラ葉エキス
オタネニンジンの根から抽出されたエキスで、皮膚の老化を少なくし、乾燥した肌を保湿する作用が期待される成分で、肌荒れ・小じわ・にきび・脱毛・フケ・代謝増進と、皮膚に対する種々のはたらきがあります。

マルチトール
消化吸収されない二糖類由来のノンカロリー甘み料としても用いられており、この成分の入った化粧品は、乾燥肌・敏感肌の人向けの製品が多く、洗顔料などに入っている場合は、洗顔後のつっぱり感が少なく、しっとりした使用感を得られる。

ミリスチン酸
やし油やパーム核油を加水分解したのち蒸留精製して得られます。ミリスチン酸石鹸は、おだやかな洗浄性や泡立ちの面から石鹸原料の中では最も優れているといわれています。

ミリスチン酸ポリグリセリル
パーム油由来の洗浄剤です。水と油を均一に整えます。

メタリン酸Na
製品を劣化させる原因となる金属イオンを抑える成分です。

メチルパラベン
化粧品の代表的な防腐剤の一つであり、化粧品を微生物から守り、最後まで安全に使用できるようにするために用いる。

メマツヨイグサ種子エキス
月見草から抽出されるエキスです。ポリフェノールを多量に含んでいます。抗酸化力も高い成分です。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
ヤグルマギクエキス
キク科植物、ヤグルマギクの花から抽出されたエキスで、黄褐色〜褐色の液体。わずかに特異なにおいがあり、消炎効果、収斂効果、皮膚細胞の活性効果があるため、肌あれ、にきび、あせもなどの肌トラブル防止や、アンチエイジングを目的の化粧品などに配合されている。

ヤシ脂肪酸TEA
優れた泡立ちで洗浄力を保つマイルドな天然アミノ酸系の界面活性成分です。皮膚と同じ弱酸性で、生分解性に優れ、環境にやさしい性質を持っています。

ヤシ油脂肪酸BG
植物性の成分。毛穴奥のメイク汚れを抱き込みます。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
ラウラミドプロピルベタイン
植物由来のラウリン酸と保湿剤のベタインを結合させて得られた洗浄成分。起泡性・洗浄性・泡質・泡保持性・洗い流し時における消泡性など、他の洗浄成分との組合せにより機能性・安全性を高めた処方構成となっています。

ラウリン酸
お肌の汚れを洗い落とす洗浄成分です。

ラウリン酸K
乳化作用をもっています。

ラウリン酸ポリグリセリル
ベース成分で、乳化作用があり、水と油を均一に整えます。

ラウラミンオキシド
天然高級アルコールを原料に合成される活性剤で、泡のもちを良くする。

ラウロイルグルタミン酸Na
コラーゲンの主成分であるグルタミン酸と、ヤシ油脂肪酸からなる界面活性剤で、起泡力、洗浄力をもち、生分解性にすぐれています。

ラベンダー油
新しい細胞の成長を促すとともに、皮脂の分泌のバランスをとります。にきび・湿疹にも効果的です。

リシン
タンパク質構成アミノ酸で、必須アミノ酸である。

リゾレシチン
複合脂質の一種で細胞膜とよく似た組成をもつことから、肌の内部へ浸透しやすく、保湿効果を高める働きがあります。

リナロール
各種調合香料に広く用いられる。また、ベルガモット油やラベンダー油の代用品として重要な酢酸リナリルの製造原料となる。

リン酸アスコルビルMg
水溶性ビタミンC誘導体です。美白作用・コラーゲン合成作用・過酸化脂質抑制作用があり、紫外線で傷んだ肌を修復して、若くみずみずしい肌を保つための化粧品に配合されます

ルイボスエキス
強力な抗酸化成分です。アフリカの人が強い日差しでも平気で過ごせるのはルイボス茶を飲んでいるからとも言われています。

レシチン
動植物に欠かせない生体成分の1つであるリン脂質で、乳化成分です。

レモンエキス
レモン果実から得られるエキスです。収れん作用、保湿作用、皮脂の分泌を調節し、すっきりと肌を引き締め、角質柔軟効果に優れています。

ローズ油
抗炎症作用があります。またリラックスさせる効果も持っています。

ローズウッド油
エッセンシャルオイル。ターンオーバーや血行を促進します。乾燥肌・敏感肌・老化肌にいいとされています。

ローズヒップ油
ローズヒップの種子を圧搾して得られるオイルです。リノール酸、リノレン酸を多く含んでいます。また、皮膚の柔軟性を保ち、お肌の老化を防ぎます。美白作用も持っています。

ローズマリーエキス
血行促進作用や抗酸化作用があります。

ローマカミツレ花エキス
発汗解熱、消炎作用、解毒作用もあるため、抗炎症・創傷治癒促進、殺菌・防腐・傷の治癒に利用されています。肌荒れ防止の化粧品やシャンプーなどにも良く利用されています。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
ワイルドタイムエキス
タイムの一種。洋種イブキジャコウソウ(ワイルドタイム)の乾燥させた茎や葉から抽出されるエキスで、収斂作用、保湿作用、清浄作用などがある成分です。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字
α−アルブチン
植物由来のブライトコントロール成分。

BG
多価アルコールの一種で、水となじみもよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする目的で化粧品に広く用いられている。アルコールとしての性質として、制菌作用もあるため、製品を安定に長持ちさせるはたらきもあります。生薬成分やハーブなどの有効成分を抽出する際の抽出液(溶剤)としても使われますが、エタノールなどに比べて皮膚への刺激は少ないです。

BHT
ジブチルヒドロキシトルエン=BHT。酸化防止剤。普通はそれだけじゃ使用せず、他の酸化防止剤と併用します。

DPG
べたつきが少ない保湿成分で、製品の伸びやすべりをよくするために使用されます。

EDTA−4Na
金属封鎖剤のことで、洗浄水に含まれるマグネシウムやカルシウム・鉄分などの金属を沈殿させ、界面活性剤の能力を低下させないようにするもの。カルシウム、マグネシウムの除去(水の軟水化=石鹸がよく泡立つ)保存料。

HEDTA−3Na
アミノ酸誘導体。水に含まれる金属イオンの働きを抑え、硬水を軟化させたり、泡の安定を高める為に石けんやシャンプーなどにも使用される他、化粧品の安定化に配合される。透明化作用、酸化防止作用、変色防止作用、脂肪臭除去作用、殺菌作用などの特性がある。

PCA-Na
PCA(ピロリドンカルボン酸)は、皮膚に含まれている天然保湿因子(NMF)の一種です。吸湿性に富み、皮膚や毛髪にうるおいや柔軟性、弾力性を与える作用があります

PEG-11メチルエーテルジメチコン
乳化作用がある成分で、水と油を均一に整えます。

PEG-60水添ヒマシ油
ヒマシ油から作られる、安全性の高い乳化剤です。

PEG−75
酸化を防止する作用に優れています。ム等に用いられます。

PEG‐150
水によく溶け、不溶性の成分を分散させて製品の品質を安定させる効果の高い保湿成分として使用します。主に、石けんやクリーム、乳液など用いられます。(PEG:ポリエチレングリコールの略)

PPG-4セテス
乳化作用がある成分で、水と油を均一に整えます。

PVP
水にも有機溶媒にも良く溶け、表面に保護膜を作る成分で、保湿剤としての働きをもっており、ヘアスプレーなどの頭髪用化粧品には毛髪保護剤・柔軟剤として、またシャンプーにはコンディショニング剤として、その他の化粧品には乳化安定剤・分散剤・粘度調整剤として配合される等、様々な目的をもって使用されています。

1,2-ヘキサンジオール
抗菌作用・保湿作用を持っています。

このページの先頭へ戻る